こんにちは。
ドローン担当宮田です。
 
今日はドローンのファームウェア更新のお話です。
今朝、飛行訓練をしようとしたらメイン画面左上に
「ファームウェア更新」
との表示が・・・
PCやスマホと同様に、DJIのドローンも定期的に更新が必要になります。
いつも更新に気づいたらすぐ行うようにしています。
特に撮影の予定がある時にはその前日、遅くとも当日の朝、撮影に間に合う時間に更新がないか確認するようにしています。
更新しなくても飛行は可能ですが、新しい機能が追加されていたり、思わぬエラーで事故につながる恐れがあるからです。
更新があるかどうかは
アプリ起動→プロフィール→設定→ファームウェア更新の確認
からも確認することができます。
更新するときは機体に接続し(PCに接続する方法だとこの限りではない)行います。
この時、
・バッテリー残量の低下(50%以上で行います)
・スマホ(タブレット)の電源を途中で切る
・機体と送信機のバージョンが一致しない
・通信環境が悪い
などでエラーになることもありますのでご注意ください。
ファームウェア更新が終わったと思ったらすかさず
「安全飛行データ更新が必要です」
との表示が・・・
いつ飛ばせるのか・・・(´-ω-`)
 
世界各国の飛行禁止空域を含めたデーターベースは定期的に更新されます。
DJIでは安全飛行詳細データベースというのがあり空港や政府関係施設の飛行を禁止する飛行禁止区域の位置情報を記したデータベースがあります。
こちらも定期的に更新する必要があります。
 
今日の私のように「さぁ飛ばすぞ!」というときにファームウェア更新が必要でガッカリしたり、更新に時間やバッテリーを消費するのはもったいないので、定期的に確認したいものですね。
 
今日は3月9日で「サンキューの日」らしいです。
いつも当スクールのSNSを読んでいただいている皆様、いつもありがとうございます!
今後ともどうぞよろしくお願いします!
 
そして、今日もキタイバはキレイです!