こんにちは。

見習いドローンインストラクターの森です。

 

昨日、ドローン飛行中にスティックの操作に違和感が発生しました。

そのため、DJI AssistantというDJI社が無料で提供されている、Mavicシリーズ用のメンテナンスソフトにてメンテナンスを行いました。

↑がDJI Assistantのソフトになります。

ソフト起動後に機体とパソコンをケーブルで繋げる必要があるのですが、私はプロポ(送信機)とパソコンをケーブルで繋ぐものと勘違いしており無駄に時間を要してしまいました、、

(なぜ機体と繋げようと思えなかったかが自分でも不思議です、、日々勉強ですねっ)

機体をパソコンに繋ぐとキャリブレーションを行うことができるようになります。

 

↑の写真のように実際に機体をパソコンの前で動かす事で、ビジョンシステムのキャリブレーションを行うことができました。

初めは何をどうすれば良いのか分からなかったのですが、思っていたより簡単に数分程度でキャリブレーションすることができました!

その後、ドローンを実際に飛行させてスティックの操作通りの動きをしてくれるか確認した結果、問題なく飛行させることができました。

自分で機体の不具合を直す事ができるのは、とても嬉しいです。

直せた機体を使用して、また飛行練習を沢山頑張っていきたいと思います!